Category Archives: book

読書メモ:「天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々」by メイソン・カリー

  • 天才たちの日課 – クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々
  • メイソン・カリー=著
  • 金原瑞人・石田文子=訳

という本についてメモ。

9784845914333.MAIN_1-204x300

  • 過去6年に渡る “Daily Routines – How writers, artists, and other interesting people organize their days.” というブログ記事を本にまとめたもの。
  • 偉人はどのようなライフサイクルで創作活動を行ってきたのか、自伝やインタビュー記事などをたよりに調べただけで、科学的な研究結果ではない。
  • すでに故人となっている偉人が多く、対象アーティストの分野・時代は多岐にわたる。
  • 記事の並び順もritualの傾向、名前、分野、年代などで一貫性はない。
  • 女性は15%しかいない。(家庭・子供のいる現代の女性には参考にならない)

この本からの主張は3点

  • カフェインは有効(コーヒーなど)
  • 時間割は固定すること(朝型、夜型はひとそれぞれ。どっちが良いということはない)自分なりのスタイルを貫いている
  • 上記以外の habit(運動、食事など) はひとそれぞれ。小話のネタでしかない。

他のレビュー

Advertisements

Leave a comment

Filed under book, psychology

The Making of an Expert by K. Anders Ericsson

ジェフ・コルバンの「究極の鍛錬(Talent is Overrated)」 で引用されていた研究者 Anders Ericsson の一般人向け論文が Harvard Business Review  に投稿されていたので読んでみた。

Ericsson KA, Prietula MJ, Cokely ET. “The making of an expert”  Harv Bus Rev. 2007 Jul-Aug;85(7-8):114-21, 193.
http://hbr.org/product/making-of-an-expert/an/R0707J-PDF-ENG

天才の分野はチェス、ゴルフ、政治家、作家、音楽(作曲家、演奏家)まで様々。
共通していることは “experts are made” ということ。

どんな天才であっても、一夜にして天才になったわけではなく、子供時代からの長い下積みを経て「天才」とみなされる人物になる。Mozart も例外ではない。
そんな天才の作り方(deliberate practice)が7ページで見事に凝縮されている。

究極の鍛錬(Talent is Overrated)” と異なり、文章の構成がしっかりしており、理論の展開が切れよく、出典は明記され、筆者が都合よく独自解釈することもないので、読みながらイライラされることもなく、非常に読みやすい。

本当は購入しないといけないのだろうけど、PDF ファイルが WEB 上で(あまりにもたくさん)転がっていたので、そいつを拝借。

以下は、同論文の抜粋。

========================================
 結論

  • outstanding performance is the product of years of deliberate practice and coaching, not of any innate talent or skill.
  • experts are always made, not born.
  • Benjamin  Bloom’s work(1985) found no early indicators that could have predicted the virtuosos’ success.
    Benjamin Bloom, “Developing Talent in Young People”, 1985,  Ballantine Books

天才に対する誤ったイメージ

  • experts are born
  • outstanding performance is innate talent or skill.
  • supposed expertise leads to superior performance.

Deliberate Practice

Not all practice makes perfect.

The development of genuine expertise requires

  • struggle
  • sacrifice
  • honest, often painful self-assessment

The development of genuine expertise

  • take you at least a decade to achieve expertise
  • need to invest that time wisely, by engaging in “deliberate” practice – practice that focuses on tasks beyond your current level of competence and comfort.
  • need a well-informed coach not only to guide you through deliberate practice but also to help you learn how to coach yourself.

All the superb performers

  •  had practiced intensively,
  •  had studied with devoted teachers,
  •  had been supported enthusiastically by their families throughout their developing years.

Deliberate practice involves two kinds of learning:

  • improving the skills you already have
  • extending the reach and range of your skills.

the amount and quality of practice were key factors in the level of expertise people achieved.

Amount of Time

There are no shortcuts.
It takes time to become an expert.

when examining the developmental histories of experts, we unfailingly discover that they spent a lot of time in training and preparation.

even the most gifted performers need a minimum of ten years (or 10,000 hours) of intense training before they win international competitions.

Beyond Comfort Zone

Research across domains shows that it is only by working at what you can’t do that you turn into the expert you want to become.

When most people practice, they focus on the things they already know how to do. Deliberate practice is different.
It entails considerable, specific, and sustained efforts to do something you can’t do well – or even at all.

Quality of Practice

If we analyze the development of the well-known artists, we see that in almost every case the success of their entire career was dependent on the quality of their practicing.

Practice as much as you feel you can accomplish with concentration. — Nathan Milstein(Violinist)

朝の効用

very few appear to be able to engage in more than four or five hours of high concentration and deliberate practice at a time.
In fact, most expert teachers and scientists set aside only a couple of hours a day, typically in the morning, for their most demanding mental activities, such as writing about new ideas.

BOOKS

The Cambridge Handbook of Expertise and Expert Performance (Cambridge Handbooks in Psychology), Cambridge University Press, 2006

K. Anders Ericsson, Neil Charness, Paul J. Feltovich, Robert R. Hoffman らの最近の研究結果の全貌(918 Page)

This 2006 book was the first handbook where the world’s foremost ‘experts on expertise’ reviewed our scientific knowledge on expertise and expert performance and how experts may differ from non-experts in terms of their development, training, reasoning, knowledge, social support, and innate talent.

Leave a comment

Filed under book, psychology

『究極の鍛錬』ジョフ・コルヴァン著

アマゾンで評価が良かったので『究極の鍛錬』(“Talent Is Overrated“)を読んでみた。bio によると、著者の Geoff Colvin は長らく FORTUNE のコラムニストだった模様。

【目次より】
第1章 世界的な業績を上げる人たちの謎
第2章 才能は過大評価されている
第3章 頭はよくなければならないのか
第4章 世界的な偉業を生み出す要因とは?
第5章 何が究極の鍛錬で何がそうではないのか
第6章 究極の鍛錬はどのように作用するのか
第7章 究極の鍛錬を日常に応用する
第8章 究極の鍛錬をビジネスに応用する
第9章 革命的なアイデアを生み出す
第10章 年齢と究極の鍛錬
第11章 情熱はどこからやってくるのか



—————————————-

一流の経営者、芸術家、スポーツマンは生まれ持った得意な才能をもった得意な人たちなのか?

一般に思われているような

  • 高いIQ
  • 記憶力
  • 経験
  • 生まれつきの特定の能力

が重要な要素ではないと前半部分で指摘。

後半では一流になるための旅路(究極の鍛錬)を Anders Ericsson を中心とした研究とその理由付けとして、子供時代は平凡だった人がいかに一流になったのか、ジャック・ウェルチ(GE)、ロバート・ルービン、モーツァルト、マイケル・フェルプス、ジェリー・ライス(NFL)などの実例を元に解説。
ただし、数学(一般の人が最も天才と結びつけそう)やスポーツよりも ビジネス方面に軸足を置いている。

究極の鍛錬(deliberate practice)は以下のような特徴を持っている(P.99)

  • 実績向上のため特別に考案されている
  • 何度も繰り返すことができる
  • 結果に関し継続的にフィードバックを受け取る事ができる
  • 純粋に知的な活動、肉体的な活動であるにもかかわらず精神的にはとてもつらい
  • あまり面白くない

究極の鍛錬の旅路は凡人にも道は開かれているとはいえ、天才への道は長く険しく、挫折要素はいたるところにある。

最後のほうでは、継続して鍛錬するための内部・外部的動機づけも触れらている。

究極の鍛錬は次のような人でないとこなせない(P.217)

  • 自分が選んだ分野で達人になろうと大きな投資を行う
  • より熟達した指導者を求める
  • 学びのなくなってしまうコンフォートゾーンを抜け出すために、自分を常に追い込む
  • 常に自己の限界に挑戦する

これを長年にもわたって継続実行出来る人が「天才」というわけだ。
マルコム・グラッドウェルの「天才!成功する人々の法則」と論調は同じ。

一方で、Science Of Sports を運営している Ross Tucker の最近の主張とは派手にぶつかる。

Sports science in the media in 2011: Training, talent, doping and Oscar Pistorius 

Ross によれば、一流になるスポーツ選手は子供時代から他と異なっている。トレーニングによりどこまで上に辿りつけるかは、才能次第と主張。

Training will get you to your ceiling, you’ll realize your genetic potential.  But will it win you a medal?  Only if you chose your parents right!

—————-

この本は Florida State University の  Anderson Ericsson の研究がベースになっているので3つほど重要そうなものをリンク

 

—————-

Mozart の作曲スタイルは残された正規の資料をもとに導出された研究結果と19世紀のロマンティシズムにあふれた史観が wikipedia にまとめられている

Mozart’s compositional method

Leave a comment

Filed under book