読書メモ:「天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々」by メイソン・カリー

  • 天才たちの日課 – クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々
  • メイソン・カリー=著
  • 金原瑞人・石田文子=訳

という本についてメモ。

9784845914333.MAIN_1-204x300

  • 過去6年に渡る “Daily Routines – How writers, artists, and other interesting people organize their days.” というブログ記事を本にまとめたもの。
  • 偉人はどのようなライフサイクルで創作活動を行ってきたのか、自伝やインタビュー記事などをたよりに調べただけで、科学的な研究結果ではない。
  • すでに故人となっている偉人が多く、対象アーティストの分野・時代は多岐にわたる。
  • 記事の並び順もritualの傾向、名前、分野、年代などで一貫性はない。
  • 女性は15%しかいない。(家庭・子供のいる現代の女性には参考にならない)

この本からの主張は3点

  • カフェインは有効(コーヒーなど)
  • 時間割は固定すること(朝型、夜型はひとそれぞれ。どっちが良いということはない)自分なりのスタイルを貫いている
  • 上記以外の habit(運動、食事など) はひとそれぞれ。小話のネタでしかない。

他のレビュー

Advertisements

Leave a comment

Filed under book, psychology

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s