Monthly Archives: August 2011

Shonan OWS 10K:Winds, Tides & Currents

Objectives
今年の湘南ウォータースイミング10KはDNFの少ない高速レースとなった。参加した皆さんの普段の練習の賜物なのか、当日のコンディションの温厚を受けただけなのか?
昨年と今年のリザルトを比較

Participants
湘南OWSの10Kに2010/2011年ともに参加し、記録の残っている選手(n=121。男性102人、女性19人。41.55歳 ±10.24)。

Methods
公式リザルトを元に、姓名のフリガナが完全一致する選手を同一人物と判定。
2010年と2011年のリザルトで有意差があるかを検定。対応のある2群のノンパラメトリック検定なので”Wilcoxon signed-rank test”を利用。

Results
2年連続で参加した選手は121人もいるにもかかわらず、去年より今年のほうがタイムが悪かった選手は一人もおらず、去年とのタイム差は

  • 最大:約50分
  • 平均:約25分
  • 最小:約20秒
  • SD:約8.5分

となっている。


去年と今年のタイムをX軸xY軸でプロットしたのが上図。同じタイムであれば斜めの y=x 上にプロットは乗っかるはずなのだけど、皆さん好タイムで泳いだので、右下に固まっています。

2010年は右端が切れているが、計測時間内にゴールできなかった選手が多数いるため。
逆に、今年は殆どの選手が、計測時間内にゴールできた。

自明だよねと思いつつ Wilcoxon signed-rank test すると p値は 2.2e-16(0.00000000000000022)未満で有意差あり。
これまた意味ないと思いつつ、Bland-Altman プロットしたのが次の図。

Discussion
前日の豪雨のために、タフなレースが予想されたものの、レース当日は潮の流れ(追い波)、水温、気温、天候(曇)と好コンディションで(水は相変わらず汚かったケド)、選手全員が昨年よりタイムを更新している。
中でも、中低速域の選手は昨年とのタイム差が著しく(50分以上も短縮した選手も!)、当日のコンディションだけでなく、過去1年間の実力向上も大きく影響しているものと思われる。逆に、のびしろがあまりない上位選手は昨年とほぼ同じ泳力で2年連続参加したとみなせ、昨年との差(偏在せず18分前後に固まっている)の多くの部分が当日のコンディションに起因するものと思われる。
121人全員が記録を更新したのは衝撃的で、エントリーしつつも練習をサボっていた人も少なからずいたはずだが、練習不足を吹き飛ばすほどコンディションに恵まれていた、あるいは、本当にサボっていた人は、前日の選手受付が小田急遅延のためにできなかったり、仮病悪化のためにDNSしたのかもしれない。
OWSはタイムではなく順位とわかっていつつも、タナボタの高タイムにニヤニヤし、1.5KM、3.8KMのスイム記録証提出に、求められてもいない10Kの記録を提出する人が続出しそうな予感。

Conclusions
コンディションがよければ20-30分のタイム変動はあるということがわかった。
過去2年間だけでなく3,4,5 年間の検定(対応有り・無し)は時間のあるときに持ち越し。

Advertisements

1 Comment

Filed under swim

Intervals By Joe Friel

The Cyclist’s Training Bible“、”The Triathlete’s Training Bible” などで有名な Joe Friel がインターバルトレーニングについて一連の記事(力作)を書いてくれたので、そのまとめ。

  1. http://www.joefrielsblog.com/2011/07/intervals-part-1.html
  2. http://www.joefrielsblog.com/2011/07/intervals-part-2.html
  3. http://www.joefrielsblog.com/2011/08/intervals-part-3.html
  4. http://www.joefrielsblog.com/2011/08/intervals-part-4.html
  5. http://www.joefrielsblog.com/2011/08/intervals-part-5.html

ポイントは

  • インターバルトレーニングが highly-trained atheletes にとっていかに効果的か
  • インターバルの種類と効果
  • 各インターバルをどのようにピリオダイゼーションに組み込むか

Part 1

インターバルトレーニングの研究に関する代表的なレビューとして オーストラリア Queensland 大学の Laursen と Jenkins によるものがある。
Reference

Laursen PB, Jenkins DG. “The scientific basis for high-intensity interval training: optimising training programmes and maximising performance in highly trained endurance athletes.” Sports Med. 2002;32(1):53-73.

Increased volume for highly trained athletes does not appear to further enhance endurance performance or associated physiological variables.
For athletes who are already trained, improvements in endurance can be achieved only through high-intensity interval training.

Joe の記事の中では端折られているけれども、レビューでは一般(sedentary/recreationally active)アスリートのことも書かれている。

significant improvements in endurance performance and corresponding physiological markers are evident following submaximal endurance training in sedentary and recreationally active groups

一方で、highly trained athletes の場合には ” does not appear to further enhance either endurance performance or associated physiological variables” のため、先ほどの interval training の登場というストーリーになっている。

the key to success for advanced athletes is intensity – not volume.

Part 2

アマチュアアスリートは intensity よりも volume を追求する人が多い。
Joe はその理由を “The reason most rely so heavily on volume as a marker of improvement is that it’s easy to measure and quantify”と推測。
一方で intensity は定量評価が難しい(そのために Training Stress Score(TSS) があるわけだが、記事の中では触れられていない)

トレーニングでは

  • intensity
  • duration
  • volume

などが絡んでくる。

duration が長くなるにつれて intensity は落とさなければならない。

long & slow なワークアウトと short & fast なワークアウトがあり、後者にはインターバルトレーニングがふさわしい。

“Specificity Principle” の観点からは race-specific なトレーニングが好ましい
とはいえ、毎回のトレーニングでレースとおなじことをやるのは難しい。(“You would soon implode” )
ただし、レースをブレークダウンして、練習の一部分を race ペースでこなすことなら可能。(“The primary purpose of doing intervals is to prepare for the stresses of the race.” — Part 4 から)

Part 3
Cross Training と Specificity Principle がテーマ。

クロストレーニングは効果は期待できないこと(ここでも Specificity Principle)、したがってトライアスロンであれば3種目で適切なストレスを与えないといけないことが解説される。

クロストレーニング

トライアスロンなどのマルチスポーツアスリートの場合、種目間の相乗効果を期待したいところだけど現実は厳しい。

there is some research that indicates this is probably happening. But the cross-training benefits are not very great. It still comes down to specificity.
If you want to become a better runner the best way to accomplish that is by running, not biking and swimming.

これと同じ趣旨の記事が、つい最近の “The New York Times” でも掲載されている
“Perks of Cross-Training May End Before Finish Line” 2011/8/15

Studies comparing athletes, both trained and untrained, had found that only one factor mattered if performance was the goal: training in that sport.

Reference

Tanaka H. “Effects of cross-training. Transfer of training effects on VO2max between cycling, running and swimming.” Sports Med. 1994 Nov;18(5):330-9.

時間の制約

トライアスロンの場合、3種目それぞれで適切な刺激を与えないといけないので、だらだらとトレーニングしてはいけない。

Trying to train for 3 sports with a fixed amount of training time and energy means something must be cut out. There is always hope that there is some cross-over effect between sports.
Given their limited training per sport, triathletes should come to rely on intervals, especially those done at race intensity, more so than mono-sport athletes.
Every mile must accomplish something positive.
So the fewer hours you have available to train the more important intervals become.

ロードバイクに限定しても、シルベストサイクルの山崎店長は同様の趣旨のことをブログで書いている。

Part 4 & 5
Part 4& 5 はインターバルの用語&種類の解説

Glossary

Work Interval(WI)
The high-intensity portions f the workout.

Recovery Interval(RI)
The low-intensity, rest periods between the WI.

  • cardiovascular/aerobic endurance system -> the RI are short
  • nervous and muscular systems -> the RI are long

Work Interval Volume(WIV)
the combined time of the WI within a single workout.

6 abilities
インターバルトレーニングで鍛えるべき ability として以下の6つがある(basic x 3 + advanced x 3)。

(上の画像は Joe Friel 氏のブログから拝借。vertex が Basic Abilities, edge が Advanced Abilities)

3 basic abilities

  1. Aerobic Endurance(improve the athlete’s ability to use oxygen to produce movement)
  2. Muscular Force(increase the athlete’s ability to overcome resistance usually in the form of water, wind, and hills.)
  3. Speed Skills(improve efficiency by improving movement skills)

3 advanced abilities

  1. Muscular endurance(prepares the athlete for a steady, long race effort as when in a running race or bike time trial)
  2. Anaerobic endurance(boost aerobic capacity (VO2max), economy, and anaerobic threshold)
  3. Sprint power(used in non-steady state events in which the outcomes are determined by brief, maximal efforts)

periodization のトレーニングを組んでいることが前提で、適切な period に各 ability に特化したインターバルを Basic -> Advanced とこなす。

The key here is to keep all of the components of your personal training system cohesive and coordinated

各インターバルの具体的なプロトコルは basic abilities であれば Part4、advanced abilities であれば Part 5 を参照のこと。

Leave a comment

Filed under sport

Alpe d’Huez Triathlon 2011 : Blog Collection

For those who participated Alpe d’Huez triathlon 2011 or the ones who’re considering for the next year’s race, here is a collection of  blogs about this year’s race.

Long Course

Media Coverage

Pro

Age Grouper

Slowtwitch Forum

Short Course

Media Coverage

Age Grouper

Leave a comment

Filed under triathlon

Alpe d’Huez Triathlon : Videos Collection

This is a collection of Alpe d’Huez Triathlon Videos available at YouTube & vimeo. You can see the  terrible weather at 2011 long course ! It was by far the toughest race I’ve ever done.

2011

Long Distance




Short Distance








2010
Long Distance











Short Distance

2009
Long Distance

Short Distance

2008
Long Distance

Short Distance

Leave a comment

Filed under triathlon