Radioactive Iodine/Caesium in Tap Water at Fukushima Prefecture

福島県災害対策本部「平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況速報」のページにある次のデータの可視化

県内各地方 環境放射能測定値(飲料水)(第13報)

# Method
分析器ゲルマニウム半導体検出器を用いて、緊急時におけるガンマ線スペクトル解析法により、飲用水(食道水)に含まれる

を測定

単位はBq/kg


# MEMO
放射性ヨウ素(131)、放射性セシウムの摂取制限値について
資料からの孫引きになるけれども

原子力施設等の防災対策について(原子力安全委員会)」(5-3 防護対策のためのの指標 [表3 飲食物摂取制限に関する指標])

測定場所
県内各地方とあるが、具体的にどこなのかは資料からは読み取れなかった

初回測定以前の値について
放射性ヨウ素/セシウムは初回を除き ND(検出限界値未満=Not Detected)
では、初回以前の値(たとえば3/15)はどうだったのか気にかかる。

Advertisements

Leave a comment

Filed under health

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s