Monthly Archives: February 2011

The 60th Beppu-Oita Mainichi Marathon : Pacing Analysis

2011/02/06 に行われた別府大分毎日マラソン大会でのペース配分の分析

男子の上位5選手のペース

  • ほとんどの区間は3:00/km-3:20/km
  • 1,2,3,5位の選手は、途中から脱落している選手もいるものの、集団で走っている。
  • 4位の選手はなぜか集団から外れて走っている。
  • 集団の中では、3位、5位の選手が30キロ地点で脱落。3位の選手は落ち幅が小さかったので、そのまま3位でゴール
  • 1位、2位の選手は40㎞地点までは同じペースだったが、ラスト2.2kmで2位の選手が大きく崩れ、1位の選手が優勝。
  • 25-30km区間から先は全般的にペースが落ちている。
  • 5位の選手を除き、ラストスパートはやっていない

男子の完走者のペース

速報結果をもとに計算
速報結果は速い人から順に10ページに分割して掲載されているため、各ページ番号を順位のついたカテゴリー(レベルは1-10まで。1が速い、10が遅い)として利用

指標の計算方法

  1. 各選手ごとに平均速度を求め(完走タイム/42.2)、
  2. 各計測区間での平均速度を求め(区間タイム/区間距離)
  3. 2つの比率を求める(区間平均/全体平均)

  • 完全なイーブンペースであれば、指標は常に1
  • ネガティブスプリットであれば、前半が1.0以上、 後半は1.0以下の傾向
  • ポジティブスプリットであれば、前半が1.0以下、 後半は1.0以上の傾向

全体ペース

上位の人ほどレース全体のペース偏差が小さく、遅い人ほど偏差が大きい

前半ペース

  • 前半の入り。
  • カテゴリー8-10の人たちは、前半の入りがかなり速い選手が多い。
  • 指標的には0.75-1.05 の範囲にほとんどの選手が入っている。

後半ペース

  • マラソンのゴールタイムと直結する後半。
  • カテゴリー1-7の選手は35キロ地点までは持ちこたえており(1.0のあたりをさまよっている)、35キロ以降で崩れている人が多い。
  • カテゴリー8-10の選手は35キロ地点でアウトな人が多い。

——–

まとめ

  • 後半ペースが落ちるのはしかたない

その上で

  • ペースが落ちる地点を後ろにずらす(35㎞までは持ちこたえる)
  • 下げ幅を抑える(キロあたり10秒程度にとどめる)

ことができれば、理想的なペース展開

Leave a comment

Filed under run

Pacing strategy during the initial phase of the run in triathlon: influence on overall performance

Joe Friel さんのブログ記事 “Again the Pacing Thing – Fast Starts” でコメント投稿されていた、次の研究のグラフ化

Christophe Hausswirth, Yann Le Meur, Francois Bieuzen, Jeanick Brisswalter and Thierry Bernard. Pacing strategy during the initial phase of the run in triathlon: influence on overall performance.EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY Volume 108, Number 6, 1115-1123, 2010; DOI: 10.1007/s00421-009-1322-0
PUBMED: 20024576

Goals

  • determine the best pacing strategy to adopt during the initial phase of a short distance triathlon run for highly trained triathletes
  • [意訳]ショートトライアスロンのバイク終了後、ランの最初1kmをどのペースでいくと10㎞をはやく走り切れるのか?

Methods

  • Ten highly trained male triathletes
  • incremental running test to determine maximal oxygen uptake, a 10-km control run at free pace and three individual time-trial triathlons (1.5-km swimming, 40-km cycling, 10-km running) in a randomised order.
  • Swimming and cycling speeds were imposed as identical to the first triathlon performed
  • the first run kilometre was done alternatively
    • 5% faster (Tri-Run(+5%)),
    • 5% slower (Tri-Run(-5%)) and
    • 10% slower (Tri-Run(-10%)) than
    • the control run (C-Run).

Results

Tri-Run(+5%) 2,178 +/- 121 s
C-Run 2,000 +/- 72 s
Tri-Run(-5%) 2,028 +/- 78 s
Tri-Run(-10%) 2,087 +/- 88 s
  • Tri-Run(-5%) resulted in a significantly faster overall 10-km performance than Tri-Run(+5%) and Tri-Run(-10%) (p < 0.05)
  • No significant difference was observed with C-Run (p > 0.05)
  • Tri-Run(+5%) strategy elicited higher values for oxygen uptake, ventilation, heart rate and blood lactate at the end of the first kilometre than the three other conditions.

Pacing strategy during the initial phase of the run in triathlon: influence on overall performance.

Conclusion

  • The present results showed that the running speed achieved during the cycle-to-run transition is crucial for the improvement of the running phase as a whole.
  • Triathletes would benefit to automate a pace 5% slower than their 10-km control running speed as both 5% faster and 10% slower running speeds over the first kilometre involved weaker overall performances.

MEMO

  • ショートではなくミドル、ロングの場合、どう変わるのか?
  • ランではなく、スイム、バイク(non-draft race)のペースは?
  • elite に出場する若者とおっさん の違いは?
  • 男女の違いは?

Leave a comment

Filed under triathlon