Sports Career and Month of Birth

青木繁伸さんの「統計数字を読み解くセンス―当確はなぜすぐにわかるのか?(DOJIN選書27)」を読んでいたらスポーツ選手の生まれ月の偏りが書かれていた(P.137-)

  • サッカー、野球選手では早生まれの選手が少なく、逆に4月―6月生まれの選手が多い
  • この傾向はユースで顕著

※4月で年度がきりかわる、日本の教育制度が大前提

ということで、自分が子供時代にやっていた競泳を対象に調べたのが次のもの。

subjects
アメリカ(n=94)、オーストラリア(n=71)の水泳系ナショナルチームの誕生月

academic year
wikipedia によると

  • アメリカでは、学校によって異なる。8月の後ろから2週目からが多い。
  • オーストラリアでは、州によって異なる。1月下旬から2月上旬が多い

Graphs
誕生月を棒グラフであらわしたのが下のグラフ。赤のラインは12か月を均等にみなした場合の期待値。

Chi-Square

アメリカ、オーストラリアそれぞれに対して カイ二乗値を求めた。

95% の値は 19.67514
対して

  • アメリカ:9.148936
  • オーストラリア:20.77465

Discussion

  • オーストラリアのカイ二乗値こそ基準値より大きいが、早生まれが不利となるような傾向はグラフからは受け取れない。
  • 他の競技、国で試すと、違った分布が見られるかもしれない。
  • オーストラリアのサイトはきれいにHTMLが生成されておらず、目視によるデータクレンジングの手間が大きかった。

Caveats

  • 一か月あたりの日数は月によって異なる(例:31日ある1月と28または29日しかない2月)。この差は無視している。
  • 月によって出生の数が異なる可能性がある。今回は、この差は無視している。

Australian Football League
ScienceDaily にも生誕月の調査報告があった。
ScienceDaily (Feb. 8, 2010) Month of Birth Determines Who Becomes a Sports Star

Dr. Adrian Barnett(Queensland University of Technology) analysed the birthdays of professional Australian Football League (AFL) players and found a disproportionate number had their birthdays in the early months of the year, while many fewer were born in the later months, especially December.

ちなみに Football は、サッカーでもアメリカンフットボールでもなく、ラグビーの亜種のようなスポーツ。

研究者たちは、このような seasonality に関する研究を次の本にまとめて出版。

Analysing Seasonal Health Data (Statistics for Biology and Health)

References

Advertisements

Leave a comment

Filed under sport

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s