Benefits of High-Gear, Lower-Cadence Cycling in Flat Triathlons

トライアスロンのバイクパートはレースによりフラットで直線的なコースと山岳系コース、コーナーの多いコースと様々。コースの特徴によって作戦も変わってくる。

といった書籍を Chris Carmichael と執筆している Jim Rutberg が、フラットコースでは貫性(momentum)がいかに重要かブログで説いていた

次回出場予定のコースはどフラットなので、概要だけ確認。

—–

Principle

Power =Aangular Velocity(cadence)  x  Force(gear)

low gear x high cadence vs high gear x low cadence

Strategy in Flat Triathlons

  1. スピードが乗るまでは高回転(90-100 rpm)でペダルを回す
  2. スピードが乗ったあとは、ギアを上げて、ケイデンスを落とす(80-85 rpm)。極力減速しないように注意を払い、貫性を活かして巡航
  3. T2 が近づいてきたら、ケイデンスを上げて(90-100 rpm)ランに備える
About these ads

Leave a comment

Filed under bike, triathlon

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s